田口寛(田口壮息子)の出身中学や進路先高校は?野球の成績や実力は?

この記事は4分で読めます

田口寛(たぐちかん)君という野球少年をご存じでしょうか?

元メジャーリーガー、現在オリックス・バッファローズの2軍監督であるあの田口壮さんの息子です。

 

その田口寛君の出身中学や進路先高校、野球の成績や実力について調べてみました。

田口寛君の抜群のバッティングセンスが分かる動画も2つあるのでぜひご覧ください!

 


スポンサーリンク


田口寛のwikiプロフィール

田口寛君のプロフィールです。

 

顔写真は直接貼れないのでリンクで。はっきり言ってお父さんそっくりです!

田口寛君の顔写真

 

生年月日は2003年12月24日で、生まれたのはアメリカ。

お父さんの田口壮さんがメジャーリーグのセントルイス・カージナルスに在籍していた時です。

 

クリスマスイブに生まれるとは忘れられない誕生日ですね。

誕生日プレゼントとクリスマスプレゼントが一緒になっていたのではないかとちょっと心配です!

 

2018年現在は15歳の中学校3年生です。

 

その田口寛君を生み出したお父さんについてもチラリと。

お父さん、田口壮さんのプロフィールです。


1969年7月2日生まれの夏男。

田口壮さんについて調べるとあっけらかんとして明るい人生を楽しく過ごしている方に思えます。実際写真でもパッと回りが照らされるような明るさです!

 

出身地は兵庫県西宮市。

もう野球をするために生まれてきたような人ですね。高校球児の聖地である西宮出身だと、甲子園球場の歓声が住宅街まで聞こえてくる場所ですので野球をしない訳にはいきませんね。

生まれは福岡県ですが、育った場所は甲子園の近所だそうです。

 

身長と体重は177センチ77キロ。なんともゴロの良い体格ですね。

ラッキーボーイにピッタリです。

何がラッキーかと言うと、メジャーリーグのワールドシリーズで世界一が決まった瞬間にグラウンドにいた初の日本人選手になったこと。

もちろん努力と才能があってのラッキーですから、棚ぼたとは違いますよ。

 

在籍したチームの一覧がこちらです。

・1991年オリックス・ブルーウェーブ
・2002年セントルイス・カージナルス
・2008年フィラデルフィア・フィリーズ
・2009年シカゴ・カブス
・2010年オリックス・バファローズ2軍監督就任

イメージとしては、日本野球よりメジャーリーガーのほうが強いでしょうか?

 

野球だけでなくとてもトーク力のある面白い方で、さらに文才もあり、色んな人から「面白い!」という高い評価があります。

肩書きは2軍監督ですが、所属はホリプロというこれまた面白い感じですね。

 

田口壮さんの奥様、田口寛君のお母さんは香川恵美子さん。

写真は直接貼れないのでリンクで。

香川恵美子さんの若い頃の写真

香川恵美子さんの最近の写真

元TBSアナウンサーで結婚されるときに、(奥様は再婚)時期がかぶり、世間を騒がせたこともあったそうですが、現在は奥様、息子さん(田口寛君)、犬4匹と仲良く暮らしていらっしゃるそうです。

 

香川恵美子さんは「メジャーリーガーの女房」という本も出しているんです。

田口壮さんの8年間のメジャーリーグへの挑戦とその舞台裏を描いた貴重な内容となっています。

野球選手の奥さん軍団のお話が個人的には興味をそそられます!

 


スポンサーリンク


田口寛の出身中学や進学先高校はどこ?

田口寛君ですが、現在、関(かん)メディベースボール学院中等部に通って野球を学んでいます。

住所は、兵庫県西宮市甲子園七番町9−27で、甲子園のすぐ近く!

関メディベースボール学院の方針は以下の通りですが、楽しみながら強くなり、人生の大切なことも教えてもらえるというなんとも素晴らしい学校です。。

関メディベースボール学院は、野球を通じての礼儀やマナー指導すると共に、将来に繋がるための指導方針を基に、スタッフと選手が目標に向かって共にグラウンドで汗を流しています。

また、故障しない体作りを技術スタッフ、トレーナーが年齢や時期に応じたトレーニングメニューで選手達をサポートしていきます。

 

この学校は、野球選手科、野球トレーナー科、高等学校通信科、中等部、に分かれています。

 

田口寛君の進路先の高校として、高等学校通信科や野球選手科に進む可能性もあるのではないでしょうか?

もしくは、生まれ育ったのはアメリカですで英語は堪能でペラペラ!なので、アメリカに行くか?

野球の強豪、大阪桐蔭高校も選択肢に入っているのか?

後で出てくる動画を観ていただければ分かりますが、バッティングセンスや体の使い方がすばらしいので、高校のスカウトの目にはとっくに入っているでしょう。

メジャーリーガーの息子という話題性も抜群ですしね。

 

田口寛の野球の成績や実力は?

田口寛君は、1歳でプラスティックのバットをおもちゃがわりに振り始めたそう。

小学校1年生から軟式野球を始め、中学から硬式野球に転向しています。

 

田口寛君の成績や実力を知りたいと思って調べてみましたが、残念ながら打率やホームランの数などは分かりませんでした。

そこで、テレビ出演した際の様子や動画から判断したいと思います。

まず、6月3日(日)に放送された「ビートたけしのスポーツ大将」という番組で元千葉ロッテマリーンズのジョニー黒木こと黒木知宏と対戦しました。

そこでは「中学生クリーンアップが3アウトを取られるまでに何点取れるか?」というルール対決で挑んだそうです。

魂のエースと呼ばれていた黒木に対して2点タイムリーを浴びせるという田口壮さんの素晴らしいDNAを受け継いでいる田口寛君の姿が日本中に映し出されました。

引退している黒木さんからとは言え、しっかりと打ち返すバッティングで実力の高さを示しました。

次に、非凡なバッティングセンスと実力を感じさせる動画を実際にご覧ください!

 

体がとても柔らかく、バットがボールに吸い付くような感じでシャープに振り抜く様子は将来が楽しみすぎます。

この2つの動画を見て、イチロー選手のイメージを重ねたのは管理人だけではないと思います。

 

まとめ

田口寛君もお父さんも野球が好きで野球を中心に人生が回っている感じがしますね。

今はバッティングが目立っていますが、守備のレベルが高かったお父さん並みの守備力もこれから見てみたいと思わせてくれます。

来年以降甲子園での勇姿が見られるのをを楽しみに待っています!


スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。