木原美悠は姉も可愛い!出身中学やラケットも調査!韓国って何?

// PCで表⽰させたい内容

この記事は4分で読めます

卓球の木原美悠選手は、日本卓球界の中学生選手として注目されています。現在はTリーグの木下アビエル神奈川に所属し、チームの好成績に貢献しています。

まだ若い選手なので、これからますます成長する伸びしろがあると思うので、活躍が楽しみな選手の一人です。

今回は、木原美悠選手のプロフィールやおさんについて、出身中学や「韓国」の謎、戦績やプレースタイル、ラケットやラバーについて紹介します。

木原美悠は姉もかわいい!「韓国」の謎とは?

木原美悠選手はかわいいですが、お姉さんもかわいいのです。まずはプロフィールから。

名前:木原美悠(きはらみゆう)
生年月日:2004年8月3日
出身地:兵庫県明石市
身長:163cm
利き腕:右
所属:JOCエリートアカデミー、木下アビエル神奈川

木原美悠選手が卓球に出会ったのは4歳のとき。父親の博生さんが元卓球選手で、自身が運営する卓球教室「ALL STAR」で指導者を務めていることがきっかけでした。

小学校のころまで、「ALL STAR」で練習を積んできた木原美悠選手。学校が終わって帰って来るやいなや、毎日4時間以上にもわたる練習漬けの日々を送っていました。毎日夜遅くまで練習していたので、博生さんは練習方法に工夫をしていたそうです。

毎日同じメニューをルーティンで練習していると、子供はどうしても飽きてしまうもの。そこで、ゲーム感覚で練習できるように、敢えてメニューを決めない、コースを狙って当てることができたら勝ちなど、楽しみながら技術の向上を図ることに注力していたそうです。

小学生の頃は特に友達と遊びたい年頃だと思うので、こういった方法は一石二鳥で良いですよね。
「あれをやって、次はあれ」というようにガチガチに決めてしまうと、子供にとっても「やりたくないなぁ」と思ってしまいますし、大人にとっても「何で言われたとおりにできないの」と思って、ストレスが溜まってしまうと思うんです。なので、博生さんの練習方法は卓球に限らず、他のスポーツでも活かせるなと思いました。

このような練習の成果もあり、2011年と2012年の全日本卓球選手権大会(バンビの部)で2連覇を果たしています。

木原美悠選手の兄弟についても紹介します。

木原美悠選手には兄1人、姉1人、弟1人がいます。

兄の名前は、木原翔貴さん。現在、日本ペイントマレッツのコーチを務めています。

姉の名前は、木原茉鈴さん。茉鈴さんは現在、父親が運営する卓球教室「ALL STAR」でコーチを務めています。高校時代は、兵庫県の夙川高校で3年連続インターハイ出場した経験もあるそう。上の写真を見てもらうと分かる通り、かわいいです!うらやましい姉妹ですね。

弟の名前は、木原寿馬くん。まだ幼稚園生です。寿馬くんも卓球の練習を始めたそうですよ。家族で卓球をしているなら、寿馬くんが卓球界で知名度を上げる日もそう遠くないかもしれませんね。

ここで余談ですが・・・

木原美悠選手について調べていると、検索キーワードに「木原美悠 韓国」とあり、「韓国人なのか?」と噂されているようなのでいろいろ調べてみました。しかし、国籍が韓国というような情報は全くなく、2018年のITTFワールドツアープラチナ・韓国オープンU21で木原美悠選手が優勝したというニュースしか見つかりませんでした。

知名度が上がるとこのようなデマ情報が流れてしまうとは・・・私たちもすべての情報を鵜呑みにしてはいけませんね。

木原美悠の出身中学や高校は?


木原美悠選手は現在、東京都北区にあるJOCエリートアカデミーで練習を積んでいます。そのため、中学入学と同時に親元を離れ、北区立稲付中学校に在学中です。(2020年3月に卒業予定)

少し気が早いですが、進学先高校は・・・
JOCエリートアカデミーに所属している平野美宇選手や長﨑美柚選手は、大原学園高校に在学中なので、おそらく高校は大原学園高校に進学するのではないかと思います。あくまで推測ですが、いい先輩がいる方が卓球にも学生生活にも好影響ですよね。

木原美悠の全中やTリーグでの戦績やプレースタイルは?

木原美悠選手のおもな戦績は下記の通りです。

■2017年
全国ホープス選抜卓球大会 準優勝
ITTFワールドツアー・ジャパンオープン荻村杯 U-21準優勝
アジアジュニア卓球選手権 ジュニア女子団体準優勝
ITTFジュニアサーキット香港ジュニア&カデットオープン ジュニア女子ダブルス優勝
全国中学校卓球大会 シングルス優勝
世界ジュニア卓球選手権 団体準優勝/ダブルスベスト4

■2018年
ITTFチャレンジシリーズ・スロベニアオープン ダブルス準優勝
ITTFワールドツアープラチナ・韓国オープン U-21シングルス優勝

2017年の全中では見事シングルス優勝を達成しています。中学生レベルでは群を抜いた強さです。何せ、平野美宇選手にも勝ってしまうくらいの強さですから、ちょっと強いくらいの中学生では歯も立たないのは仕方がないでしょう。

そして、Tリーグの成績は・・・

シングルス:2試合出場1勝
ダブルス:6試合出場5勝

木原美悠選手はおもに長﨑美柚選手とダブルスを組んで試合に出場し、木下アビエル神奈川の1位に貢献しています。

以上の戦績を見てもわかるように、木原美悠選手は中学生選手の中でも、頭角を現しているのがわかります。今後の活躍が楽しみですね!

そんな木原美悠選手のプレースタイルは「右シェーク裏表前陣攻守」です。巻き込みサーブやしゃがみこみサーブ、王子サーブなど、サーブのバリエーションが豊富なのが特徴的です。

また、身長が163cmと体格に恵まれている上に、ラリーのとき前側に寄って打つので、威力のある球を打つことができます。

私の世代だと「王子サーブ=福原愛さん」というイメージが強いので、「木原美悠選手も王子サーブが打てるのかぁ。福原愛さんと同じだわ」と思っていたら、木原美悠選手は福原愛さん2世と言われているそうですよ。私の中で、より一層注目したい選手になりました。

木原美悠のラケットやラバーは?

木原美悠選手がどんなラケットやラバーを使っているのか気になったので、調べてきました。

【ラケット】
ファイヤーフォールVC
メーカー:VICTAS
価格:10,800円(税込)

特徴:強度の高い防護服や宇宙服に使用されている繊維を使用した、ボールの破壊力が抜群なラケットです。

人気になっているからなのか?品切れになっているようです。

【ラバー(表面)】
V>15エキストラ
メーカー:VICTAS
価格:6,480円(税込)
特徴:相手の打球に対して、強い回転をかけて打ち返しやすいラバーです。丹羽孝希選手や吉村和弘選手も使用しています。

【ラバー(裏面)】
VO>102
メーカー:VICTAS
価格:4,860円(税込)
特徴:球離れが良いので、攻撃型の選手にピッタリのラバーです。

まとめ

木原美悠選手が中学生ながら、数々の好成績を収めていることを知っていただけたでしょうか?

日本卓球界は次々と若くて、実力のある選手が出てくるのでチェックする私たちもワクワクしますね。

木原美悠選手も注目選手の一人としてチェックしていきましょう!


スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

このサイトについて