長崎美柚が可愛い!出身高校や身長体重は?ラケットやラバーも調査!

// PCで表⽰させたい内容

この記事は4分で読めます

長崎美柚選手はかわいいと話題になっている卓球選手。卓球Tリーグの木下アビエル神奈川に所属する選手です。

2018年4月の世界卓球選手権団体戦では出場機会こそなかったものの、中学時代の実績を評価されて日本代表に選出されています。かわいいルックスとあいまって今後の活躍が期待されています。

今回は長﨑美柚選手のプロフィール、出身中学高校身長体重戦績プレースタイルラケットラバーについて紹介します。


スポンサーリンク


長崎美柚がかわいい!プロフィールや身長・体重は?

長﨑美柚選手はとてもかわいいと話題になっていますが、プロフィールが気になりますね。身長や体重はどうなのでしょうか?。

名前:長﨑美柚(ながさきみゆう)
生年月日:2002年6月15日
出身地:神奈川県海老名市
身長:164cm
利き腕:左
所属:JOCアカデミー、木下アビエル神奈川

長崎美柚選手の身長は164㎝とやや高いという感じです。体重は秘密のようで不明となっております。特に公表する必要もないですよね笑

長崎美柚選手の身長の高さ、体格は卓球にも有利に働いているようで、リーチの長さを活かしたプレーが一つの特徴にもなっています。

長﨑美柚選手が卓球に出会ったのは5歳のとき。祖父やおじが卓球経験者ということもあり、神奈川県藤沢市にある「岸田クラブ」という卓球クラブへ祖父に連れていかれたことがきっかけで本格的に練習を始めました。

卓球界では、少なくとも両親のどちらかが卓球経験者という選手が多いですが、長﨑美柚選手の両親は卓球経験者ではありません。母親はバレーボール経験者なので、長﨑美柚選手が卓球を本格的に始めた当初、バレーボールの方に興味があったそうです。

しかし、サーブでお菓子に当てたらもらえるというような、遊びを交えて練習していくうちに、卓球への興味が湧いてきたそうです。

中学入学と同時により一層技術の向上を図るべく、JOCエリートアカデミーで練習を積んできました。

長﨑美柚選手の家族についても調べてみましたが、母親がバレーボール経験者ということだけわかりましたが、家族構成などについては明らかになっていないようです。

しかし、祖父とおじについては多少の情報がありましたので、紹介します。

祖父は、長﨑隆夫さん。神奈川大学卓球部の元監督だそうです。監督を務めるくらい卓球の実力がある祖父が長﨑美柚選手を卓球クラブへ連れて行き、本格的に練習を始めたということは、この頃から長﨑美柚選手には卓球のポテンシャルがあったのかもしれませんね。

おじは、長﨑隆志さん。おじの隆志さんは駒澤大学卓球部の監督を務めているそうです。駒澤大学卓球部は、2017年まで関東学生リーグ2部でプレーしていましたが、2018年からは関東学生リーグ1部でプレーしています。9月には強豪の筑波大学に4年ぶりに勝利するなど、着実に力を付けているんですよ。

卓球で素晴らしい実績を残している祖父とおじがいるわけですから、2018年の大躍進はなるべくしてなったのかもしれませんね。(戦績については後程紹介します)。

長﨑美柚選手はTリーグにも参加しているので、露出の機会も増えてくるでしょう。その時にはかわいいことが卓球界・Tリーグにもよい波及効果を及ぼすのではないでしょうか。ただ、スポーツ選手なので可愛いだけでなく、結果も伴わないといけないので頑張って欲しいなと思います。

長﨑美柚の出身中学や高校は?


長﨑美柚選手は中学入学時から、東京都北区にあるJOCアカデミーに所属しています。そのため、中学からは親元を離れ、北区の中学に入学しました。

出身中学は、北区立稲付中学校になります。

そして、出身高校は大原学園高校ですが、2学年上にあの平野美宇選手がいます。

その他の卒業生には

皆川夏穂選手:新体操選手、リオデジャネイロ五輪代表
畠山愛理さん:元新体操選手、五輪代表(リオデジャネイロ、ロンドン)

が挙げられます。

有力なスポーツ選手を輩出している高校なんですね。

長﨑美柚選手の高校卒業後の進路も気になりますが、大学進学をするのか、それとも社会人として卓球を続けてTリーグに継続参戦するのか気になるところです。

長﨑美柚の戦績やプレースタイルは?

長﨑美柚選手のおもな戦績は下記の通りです。

■2017年
全日本選手権ジュニア優勝
ITTFワールドジュニアサーキット・チェコオープン ジュニア準優勝
ITTFワールドジュニアサーキット・香港オープン ジュニア準優勝
世界ジュニア選手権・団体準優勝/シングルスベスト8

■2018年
平成29年度全日本卓球選手権大会(ジュニアの部):優勝
2018年
ITTFチャレンジシリーズスロベニアOP(ダブルス):準優勝(木原美悠選手とペア)

そして、Tリーグの成績は・・・
シングルス:3試合出場2勝
ダブルス:8試合出場7勝

長﨑美柚選手はおもにダブルスの試合に出場し、木下アビエル神奈川の断トツ1位に貢献しています。

このように中学時代の実績などが評価され、2018年4月の世界卓球選手権団体戦に出場する日本代表にも選出されています。試合出場は叶いませんでしたが、ポテンシャルを評価されて選出されているんですから、十分凄いですよね。

そんな長﨑美柚選手のプレースタイルは「左シェークドライブ」です。身長164cmという女子卓球選手のなかでは大型選手なので、両ハンドで威力のあるボールが打てます。また、チキータの技術も抜群で、宮崎義仁強化本部長からも高く評価されています。

フィジカルが日本人離れしていて、威力のあるボールが打てるだけでも脅威なのに、まだ若い選手なので伸びしろがあるとは・・・今後の成長が楽しみですね。

長﨑美柚のラケットやラバーは?

長﨑美柚選手のラケットやラバーについても調べてみましたので、紹介します。

【ラケット】
インナーフォース レイヤー ALC
メーカー:バタフライ
価格:16,200円(税込)

特徴:全体のバランスを考えて作られているので、オールラウンダーの選手にピッタリ。インナーファイバー仕様のラケットです。

【ラバー(表面)】
テナジー05
メーカー:バタフライ
価格:9,612円(税込)
特徴:強い回転をかけやすいラバーです。張本智和選手も使用しています。

【ラバー(裏面)】
テナジー64
メーカー:バタフライ
価格:9,612円(税込)
特徴:スピード精度に優れています。速くて威力のある球を打ちやすいラバーです。

まとめ

長﨑美柚選手のTリーグでの活躍を観ていると、まだまだ成長の伸びしろがありそうですよね。

日本女子卓球界は、誰が東京オリンピックに出られそうか予想しづらいほど、若くて技術の高い選手が豊富にいるので、今後が楽しみです。

日本女子卓球界を牽引していく選手の1人として、長﨑美柚選手もチェックしていきましょう!


スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

このサイトについて