ウォズニアッキは可愛いが彼氏や結婚は?コーチやラケットも調査!

// PCで表⽰させたい内容

この記事は4分で読めます

キャロライン・ウォズニアッキ選手は、女子テニスWTA世界ランキング上位の常連で、2010年には1位にもなったことがある選手です。

テニスの実力だけでなく、かわいいルックスでも人気のある選手です。

今回は、キャロライン・ウォズニアッキ選手の彼氏結婚コーチラケットについてまとめたいと思います。


スポンサーリンク


キャロライン・ウォズニアッキの彼氏や結婚について

美人テニス選手としても知名度が高いキャロライン・ウォズニアッキ選手。彼氏がいるのか?結婚しているのか?気になったので、調べてみました。

キャロライン・ウォズニアッキ選手は、2017年11月に彼氏だった元バスケットボール選手のデビッド・リーさんとの婚約を発表し、その後正式に結婚しました。


ちなみに、キャロライン・ウォズニアッキ選手は、2014年1月1日にプロゴルファーのローリー・マキロイさんとの婚約を発表していました。

3年ほどの交際を経て婚約となりましたが、2014年5月に婚約を解消し、結婚には至りませんでした。

婚約解消の原因は、婚約相手のローリー・マキロイさんの精神面にあったとのこと。

「自分に結婚する心の準備ができていなかった」

とか。男性のマリッジブルーといったところでしょうか。

ローリー・マキロイさんとはご縁がありませんでしたが、今はデビッド・リーさんと結婚して幸せそうなので良かったですね。


2人でいろいろお出かけもして楽しんでいるみたいです。人生のベストパートナーのようです!
 

キャロライン・ウォズニアッキのコーチは?

キャロライン・ウォズニアッキ選手のコーチは、ピョトル・ウォズニアッキコーチです。

このピョトル・ウォズニアッキさんコーチとは、キャロライン・ウォズニアッキ選手のお父さんなんです!

下の写真の男性がお父さんのピョトル・ウォズニアッキさんです。


「お父さんもプロテニス選手だったの?」と思う人もいることでしょう。実は、ピョトル・ウォズニアッキさんは、デンマークやポーランドでプレーしていた元サッカー選手なんです。

元サッカー選手のお父さんがコーチならば、アスリートという点では共通していますし、メンタルコントロールの面でのサポートがメインではないかな?と思います。

おそらく、戦術的なことは他のコーチやヒッティングパートナーが務めているのかもしれませんね。

余談ですが、現在、大坂なおみ選手のコーチを務めるサーシャ・ベイジン氏は、キャロライン・ウォズニアッキ選手のヒッティングパートナーを務めていた方なんですよ。


スポンサーリンク


キャロライン・ウォズニアッキのラケットは?

やはり一流選手がどんなラケットを使っているのか気になりますよね?

キャロライン・ウォズニアッキ選手が使っているラケットは、バボラの「Pure Aero Plus」です。

2011年までバボラのラケットを使っていましたが、2011年~2013年の2年間はヨネックスのラケットを使っていました。しかし、2013年から再びパボラのラケットを使っています。

ちなみにパボラのラケットは、ラファエル・ナダル選手も使っていますね。

キャロライン・ウォズニアッキ選手が使っている「Pure Aero Plus」は、パワーとコントロールに優れたラケット。

ストロークのコントロールが良いのは、この「Pure Aero Plus」のおかげでもあるんですね。

キャロライン・ウォズニアッキのプロフィールやランキング、プレースタイルは?

改めてキャロライン・ウォズニアッキ選手のプロフィールです。

国籍:デンマーク
出身地:デンマーク・オーデンセ
生年月日:1990年7月11日
身長:177cm
体重:58kg
利き手:右
バックハンド:両手打ち

キャロライン・ウォズニアッキ選手は、WTA世界ランキングの上位におり、2010年には1位にもなっている実力の持ち主。

グランドスラムに初参戦したのは2007年。グランドスラムに参戦して2年後の2009年には全米オープンで準優勝を果たします。

オリンピックに3大会連続出場(2008年北京、2012年ロンドン、2016年リオデジャネイロ)していますが、オリンピックでメダルを獲得したことはまだありません。

2017年には東レ パン・パシフィック・オープンで優勝、その他の大会で6回の準優勝という絶好調な状態でWTAファイナルズに初参戦し、見事優勝を果たしました。

2018年は全豪オープンを制し、グランドスラム初優勝を果たしています!

プレースタイルは、粘り強いプレーが持ち味の選手です。ベースラインで長くラリーを展開し、しびれを切らした相手がミスするのを誘うプレーが非常に多いです。最近は、キャロライン・ウォズニアッキ選手のように粘り強さが持ち味の選手が増えてきています。

また、フットワークが軽くてスムーズ、ストロークのコントロールが良いのも、キャロライン・ウォズニアッキ選手のストロングポイントです。

キャロライン・ウォズニアッキ選手が、2018年WTAファイナルズ・ラウンドロビンでペトラ・クビトバ選手を破った試合動画をご覧ください!

ラウンドロビン初戦で負けたとは思えないWTAファイナルズ2戦目のプレーでした。

まとめ

美人で、テニスも一流で、旦那さんもイケメンの元スポーツ選手。

天から二物も三物も与えられたキャロライン・ウォズニアッキ選手がWTAファイナルズ連覇を果たすのか注目したいと思います!


スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

このサイトについて