クビトバは恋人と結婚?プレースタイルやコーチも調査!ラケットは?

この記事は3分で読めます

ペトラ・クビトバ選手は2018年WTAファイナルズにも出場する実力のある女子テニス選手。

今回はペトラ・クビトバ選手が恋人と婚約・結婚したという噂やプレースタイルやコーチ、ラケットについてまとめます。

ペトラ・クビトバのプロフィールやランキング、プレースタイルは?

ペトラ・クビトバ選手は、最新の世界ランキングで5位。

そんなペトラ・クビトバ選手のプロフィールをまとめてみました。

国籍:チェコ
出身地:チェコ・ビーロヴェツ
生年月日:1990年3月8日
身長:182cm
体重:70kg
利き手:左
バックハンド:両手打ち

ペトラ・クビトバ選手が、プロに転向したのは2006年。

グランドスラムに初出場したのは、2008年の全仏オープンでした。グランドスラムの最高成績は、2011年と2014年の全英オープン優勝です。

WTAツアー初優勝は、2009年のモーリラ・ホバート国際です。

2018年シーズンは、WTAツアー21大会に出場して、5大会で優勝を果たしWTAファイナルズ出場権を獲得しています。

全英オープン2回優勝という輝かしい功績を持つペトラ・クビトバ選手ですが、一体どのようなプレースタイルなのでしょうか?

ペトラ・クビトバ選手のプレースタイルは、

プレーも性格も攻撃的な選手

です。

ペトラ・クビトバ選手も超高速サーブが打てます。超高速サーブと言ったら、大坂なおみ選手を思い浮かべる人が多いと思います。しかし、ペトラ・クビトバ選手も170キロ超えの鋭いサーブが得意なんですよ。しかも、コントロールの精度が高いです。

そして、ペトラ・クビトバ選手は、瞬発性にも優れています。相手から早いボールが打たれても、返球できる瞬発性が備わっています。この瞬発性の良さは、女子選手の中でもトップクラスなんです。

また、闘志をむき出しにする性格の持ち主でもあります。返球する際、自分にポイントが入った際に、叫ぶ様子が多くみられます。マリア・シャラポワ選手や卓球の張本智和選手のような叫びと表現すればわかりやすいでしょうか。

ペトラ・クビトバ選手のプレー動画はこちら!


スポンサーリンク


ペトラ・クビトバのコーチは?


ペトラ・クビトバ選手のコーチは、イリ・バネク氏です。

イリ・バネク氏は、1978年生まれの現在40歳。2016年からペトラ・クビトバ選手とタッグを組んでいます。

イリ・バネク氏は、ペトラ・クビトバ選手のコーチを務める前には、カロリーナ・プリスコバ選手のコーチを務めていたんですよ。当時、ペトラ・クビトバ選手のコーチを務めていたダビド・コティザ氏と、カロリーナ・プリスコバ選手のコーチを務めていたイリ・バネク氏が入れ替わるかたちでコーチが交代となり、話題になりました。

クビトバ選手とプリスコバ選手との間で、「コーチ交換しよ!」のような会話があったとすると何だかおもしろい気もしますが。。。
 

ペトラ・クビトバは恋人と結婚した?

ペトラ・クビトバ選手には恋人、彼氏がいるのでしょうか?それともすでに結婚しているのでしょうか?気になったので調べてみました。

ペトラ・クビトバ選手はまだ結婚していません。また、現在は彼氏もいないようです。

しかし、2017年には彼氏がいました。お相手は、元テニス選手のラデク・ステパネクさんです。ラデク・ステパネクさんは、2017年に現役を引退しています。

そのラデク・ステパネクさんですが、マルチナ・ヒンギス選手と2006年11月に婚約していましたが、2007年8月に婚約を解消しています。

そして、2010年3月に元テニス選手のニコル・バイディソバさんと結婚しましたが、2013年に離婚しています。

離婚後にペトラ・クビトバ選手と交際していましたが、2017年に破局。

現在、ラデク・ステパネクさんは、元妻のニコル・バイディソバさんと再婚し、2018年6月に娘が誕生しています。

ラデク・ステパネクさんは、恋多き人ですね。しかも、全員プロテニス選手とは・・・。
 

ペトラ・クビトバのラケットは?

ペトラ・クビトバ選手が使用しているラケットがどこのメーカーのラケットなのか調べてみました。

2017年に使用していたラケットは、ウィルソンの「PRO STAFF97」です。

この「PRO STAFFシリーズ」のラケットは、ロジャー・フェデラー選手も使用しています。

おそらく2018年シーズンも同じラケットを使用していると思います。

「PRO STAFFシリーズ」のラケットは、スピードとコントロールを考えて作られているようで、ネット検索すると「打ちやすいし、コントロールの精度が良い」というレビューが多いんですよ。
 

まとめ

2018年WTAファイナルズに出場しましたが、ラウンドロビンで敗退の可能性が高くなったクビトバ選手。

それでも2018年は大いに活躍しましたので、また来シーズンに期待しましょう!


スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

このサイトについて