台風19号進路予想図2018米軍最新版とヨーロッパ情報!直撃上陸はある?

この記事は2分で読めます

【2018年8月23日7:28更新】

台風16号バビンカ、台風18号ルンビア、台風19号ソーリックの3つが並行して存在していましたが、台風19号ソーリックのみになりました。

と思ったら、台風20号シマロンが発生して、2つの台風がある状態になっています。

2018年8月16日9:00に発生した台風19号2018ソーリック進路予想米軍ヨーロッパ最新情報で追いたいと思います。

※台風の予報は気象庁によりなされます。管理人は気象予報士でもないのでお天気の予報もできません。やってもたぶん当たらない予報ばかりになると思いますが。。。このブログや記事では米軍やヨーロッパ情報のご紹介や管理人の感想を書くのみとなりますのでご了承ください。台風予報は気象庁情報にて確認、台風の影響による災害対応においては各自治体からの情報や指示に従って対応いたしましょう


スポンサーリンク


台風19号2018ソーリックのたまご米軍最新進路予想図!

ソーリック」とは、命名したミクロネシアの言葉で、「伝統的な部族長の称号」という意味。

伝統的な部族長の称号と言っても日本人にはちょっとピンと来ないですね!

ですが、響きとしては、台風17号についている名前・ヘクター並みのかっこよさです。

ヘクターと並べると、Wライダー的な響きでいい感じです。

 

次に、米軍による2018年8月23日2:00時点の台風19号2018ソーリックの配置を見てみたいと思います。

TS23W台風20号シマロンになり日本がまた2個の台風に囲まれるという状況になっています。「W台風」とか言われてますね。

台風19号ソーリックはきれいな丸いうずまきの形になり、台風の目がはっきりあります。

今は朝鮮半島の方に抜けているのが見えていますね。


引用:米軍合同台風警報センター(JTWC)

それでは次に米軍による台風19号ソーリックの2018年8月2日6:00時点の進路予想図です。

すでに奄美大島・九州南部のあたりを通過し、今後は朝鮮半島を北東に抜けていくとの米軍進路予想です。

北海道の西に至るというコースになるとの米軍の見立てですが気になります

台風19号2018ソーリック米軍進路予想図最新情報20180823_0600


スポンサーリンク


台風19号2018ソーリックのヨーロッパ最新情報!

ヨーロッパ中期予報センターから出ている台風19号2018ソーリックの最新情報です。

2018年8月23日時点の8月24日の最新予想配置ですが、今回は米軍予想とほぼ同じような予想になっているようです。

台風ヨーロッパ最新情報20180823

引き続きヨーロッパの情報もご紹介していきます。

 

台風の時は雨風に負けないように完全武装して出かけたいところですね。

でもいかにもカッパ、いかにも長くつみたいなものだとちょっと恥ずかしい感じになっていましますね。

今回台風対策のことをいろいろ調べていて、トーツというメーカーの雨具がおしゃれで機能性が高いのを知ったのでいくつか紹介します。

 

まず、女性向けにはこんなレインポンチョがかわいくていいなと思いました。
台風でも楽しく外に出られそう?
トーツのかわいいレインポンチョを見てみる!
女性向けのレインブーツもセンス+機能性の高いものが出ているのを見つけて、ちょっとびっくりしました。
これなら台風でも足元の濡れは気にしなくて大丈夫そうです。
トーツのレディースレインブーツをチェックする!
折り畳み傘では、風速40km(小石が飛ぶような強風)でテストしても折れない!という結果を誇る世界最強クラスの傘がトーツから出ています。
台風の時は風が強いので、折り畳みでない傘でも折れてしまったりしますが、風速40kmに耐えられるなら台風の強風にも耐えられます。
女性向けのおススメ最強折り畳み傘
トーツのオシャレで折れない折り畳み傘を見てみる!
こんなアイテム達があれば台風の時でも安心ですね!

まとめ

台風の発生が続く2018年ですが、3年ぶりの越境台風まで含めて、8月はすでに8個の台風が発生しています。

あと10日以上残っていますので、まだ台風の発生数が増えるのか心配ですね。


スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

このサイトについて