塩谷歩波のwikiプロフや経歴は?彼氏や結婚、出身高校・大学も調査!

この記事は3分で読めます

今回は「銭湯」のイラストを描く銭湯イラストレーター、塩谷歩波(えんやほなみ)さんを取り上げたいと思います。

 

塩谷歩波さんのwikiプロフィール経歴、気になる彼氏大学についてまとめてみました!

イラストレーターになったいきさつには驚きの経歴があったのでぜひ読んでください。

 


スポンサーリンク


塩谷歩波のwikiプロフィールや経歴は?

名前:塩谷歩波(えんやほなみ)

生年月日:1990年 2018年現在27歳 誕生日は不明

出身:東京都

職業:銭湯の番頭・イラストレーター

好きな水風呂の温度:15度

塩谷歩波さんは大学を卒業後、大手有名設計事務所に就職しますが仕事が多忙を極め、過労が原因の機能性低血糖症と診断され休職する羽目になりました。

体の代謝を上げるため、医師に温泉を進められ、塩谷歩波さんは人生を変える銭湯と出会いました!

 
銭湯にいくと体調が良くなることから「銭湯への恩返し」として、銭湯の見取り図のイラスト「銭湯図解」をSNSへアップしました。

これが2016年11月のことです。

 

SNSで塩谷歩波さんのイラスト「銭湯図解」を見た東京都杉並区高円寺にある銭湯、小杉湯の若旦那に誘われ、小杉湯で番頭となります。

なんともおもしろい運命の展開ですね!
 
イラストの才能が開花した塩谷歩波さんは、現在小杉湯の番頭だけでなくイラストの連載もいくつか持っています。

  • ねとらぼ「えんやの銭湯イラストめぐり」
  • 旅の手帖「百年銭湯」で「銭湯図解」

なんと、イラストレーターになったのは働きすぎで体を壊してしまったことがきっかけだったんですね!

現在、番頭とイラストレーターの二足の草鞋で忙しい日々ではありますが、塩谷歩波さんは

「銭湯はレジャーであり、健康を守るもの」

と言っていますので、多忙の中でもやりがいとともに、しっかりと自分の健康を守っているのではないでしょうか。

このように、自身のTwitterには銭湯にちなんだ投稿がたくさんみられます。

熱い銭湯愛が伝わってきますね!

 
好きな水風呂の温度は15度らしいのですが、水風呂の素人としては、この15度が果たして冷たすぎないのか全然見当がつきません!

このあたりの細かさにも銭湯に対する愛を感じられますね。
 

塩谷歩波の出身高校や大学はどこ?

以前は大手有名設計事務所に勤めていた塩谷歩波さん、出身の学校が気になりますよね?

そこで、塩谷歩波さんの出身高校、大学について調べてみました!

 

出身高校・立教女学院高等学校

出身大学・早稲田大学理工学部

 

出身の高校は、「立教女子」の愛称で親しまれている立教大学の姉妹校です。

卒業生には有名人のかたも多く、ミュージシャンの松任谷由美さんも立教女学院の卒業生です。

 

高校を卒業後は、早稲田大学理工学部に進学し設計事務所に就職をしました。

このころの塩谷歩波さんの夢は海外に事務所を構える建築家になることだったそうです。

現在は建築家ではない仕事をしていますが、大学や設計事務所で学んだ知識や経験は「銭湯図解」を描くなかで十分に発揮できているのではないでしょうか。

 


スポンサーリンク


塩谷歩波の彼氏や結婚は?


塩谷歩波さんは2018年現在27歳で、結婚していてもおかしくない年齢ですが彼氏や結婚についての情報は今のところありませんでした。

もしかしたら銭湯の番頭やイラストのお仕事一筋で恋愛には興味がない可能性もありますね。

 
でも、とてもかわいいので、銭湯の番頭さんをやっているときにお誘いがあるかもしれないし(おじさん、おじいさんばかり?)、彼氏がいない!とは言い切れないですよね。

芸能人というわけでもないようなので、彼氏や結婚のことは表には出てこない可能性の方が高いとは思うのですがどうでしょうか。

今後も塩谷歩波さんの熱愛動向は要チェックです!

 
もし塩谷歩波さんが結婚するとしたら、銭湯で結婚式をしそうな予感がしているのですが、果たして当たるでしょうか笑?

お相手は彼氏であっても、実際に旦那さんになる人であっても、お風呂や銭湯が好きな人!という条件はありそうですね。
 

まとめ

体を壊してしまったことから夢だった建築家ではなく、銭湯の番頭とイラストレーターをする塩谷歩波さんは銭湯への感謝の気持ちからイラストを描き始めました!

これからも塩谷歩波さんの描くとても緻密でありながら、ほっとするようなあったかみのあるイラストの新作が楽しみですね。


スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。