廣津留すみれの現在やwikiプロフ!出身中学や高校も調査!母親もスゴイ?

この記事は6分で読めます

廣津留すみれ(ひろつるすみれ)さんは、あのアメリカの超名門大学・ハーバード大学に公立高校から進学した天才女子。

さらにジュリアード音楽院大学院に進学して、ヴァイオリンの腕前もすばらしい!ということで注目を集めています。

 

勉強もできてヴァイオリンも凄腕という廣津留すみれさんとは、一体どのような方なのでしょうか?

 

今回は廣津留すみれさんの現在wikiプロフィール出身中学高校母親父親についてまとめたいと思います!

廣津留すみれさんのヴァイオリンの腕のほどが分かる動画も掲載してます。選曲も超意外なのでぜひ見てください。


スポンサーリンク


廣津留すみれの現在


廣津留すみれさんのすばらしい学歴や経歴はこの後書いていきますが、すでに大学・大学院を卒業した現在はどんな活動をしているのでしょう?

 

ジュリアード音楽学院大学院を卒業したのは2018年5月28日。

 

それ以降の活動や活動拠点はどうなるのかな?と思って調べると、

「今後はまだしばらくNYで頑張っていきたいと思っています。」

「大学で培ったビジネスシンキングを生かしNYでビジネスを始めようとしている」

という内容が公式ブログやサイトに!

 

ニューヨークを拠点にして音楽活動やビジネスを展開していく心づもりのようです。

学歴だけでなく、今度はビジネスでもすごい領域に行きそうです。

もしかするとアメリカの雑誌「TIME」でやる特集「世界で最も影響力のある100人」に選ばれる日本人となる日がそう遠くない将来来るかもしれませんね!

 

どんなビジネスかはまだ分かりませんが、もともと社会起業家として教育プログラム「Summer in JAPAN」を大分で共同設立しています。

ハーバード大学の学生を日本に呼び、小中高生に英語でのリーディング・ライティングを教えたり、4つのワークショップ(アカデミック・ライティング、パブリック・スピーキング、パフォーミング・アーツ、コンピュータ・サイエンス)などを提供しています。

このような活動と同じようなものになるのか、また新しい形のビジネスになるのかまだ分かりませんが、グローバルな感覚で全く新しいものを打ち出してくるのを楽しみに待ちたいと思います!

 

廣津留すみれwikiプロフィールと経歴

廣津留すみれさんは、1993年に大分県大分市で生まれました。

 

「廣津留(ひろつる)」という珍しい苗字から出身地が気になっていましたが、この「廣津留」と言う苗字は、日本では大分県に20人くらいしかいない超レアな苗字

この20人は、おそらく廣津留すみれさんの親戚や親類でしょうね。

 

廣津留すみれさんは2歳からヴァイオリンを始め、なんと12歳の頃にはオーケストラと初共演を果たしています。

 

ヴァイオリンは、IBLA国際コンクールでグランプリを受賞するほどの実力をお持ちです。

さらに、1年未満の準備でハーバード大学に現役合格を果たしたことで、一躍有名になりました!

 

幼い頃からヴァイオリンで鍛え上げた精神力は、受験勉強にも存分に発揮されたと思います。

さらに、廣津留さんはハーバード大学を首席で卒業され、その後はヴァイオリンを学ぶためにNYのジュリアード音楽院の大学院に入学しています。

 

現在は、音楽活動や執筆業とともに、社会起業家としても活躍されており、ハーバード生による教育プログラム「Summer in JAPAN」の設立・運営などに尽力されています。

 

これだけマルチな才能がある方なので、ますますどのような方なのか気になってきますね。

 

そんな廣津留すみれさんの家族構成ですが、フリーランスとして外国語の翻訳や、英語教師業務に携わり、執筆活動も行なっている廣津留真理さんが母です。

 

廣津留真理さんは、長女のすみれさんを地方の公立高校からハーバード大学合格に導いた独自の「ひろつるメソッド」で、4,000人の指導にあたり効果を上げています。

やはり天才を生み出したお母様も、すごい経歴をお持ちなのですね。

 

ひろつるメソッドが気になるところですが、真理さんに関しては後ほど詳しくご紹介させていただきます。

 

お父様については、情報が出ていないことからすると、一般の会社員の方という可能性が高そうです。

とはいえ表に出ていないだけで、会社を経営する実力者である可能性もあるので、ちょっと情報待ちですね。


スポンサーリンク


廣津留すみれの出身中学や高校、大学

廣津留すみれの出身中学や高校

廣津留すみれさんは大学や大学院はすごいところを卒業しますが、日本にいるときの出身中学や高校も気になります。

 

中学や高校はいずれも地元・大分の学校に通っていました。

中学校は大分市立上野ヶ丘中学校で、高校は大分県立大分上野丘高校

 

大分市立上野ヶ丘中学校は、男女共学の公立中学校なので、ごく普通の中学校と言う感じですね。

 

一方、大分県立大分上野丘高校は、文部科学省が指定するSGH指定校の一つ

SGHとは「スーパーグローバルハイスクール」で、文部科学省が以下のような目的で始めた制度です。

 

急速にグローバル化が加速する現状を踏まえ、社会課題に対する関心と深い教養に加え、コミュニケーション能力、問題解決力等の国際的素養を身に付け、将来、国際的に活躍できるグローバル・リーダーを高等学校段階から育成する。

出典:文部科学省

 

高校卒業後の廣津留すみれさんの進路に役立つ内容を持ったカリキュラムと言えますね。

 

廣津留すみれの出身大学や大学院

廣津留すみれさんは、大分の公立高校からハーバード大学に現役で入学しています。

ハーバード大学は、「すごく優秀な人が揃っている大学」というイメージがありますが、いったいどのような学校なのでしょうか?

 

そもそもハーバード大学は、アメリカにある私立大学

偏差値にたとえると、なんと80を叩き出すような超優秀&超難関大学です。

 

日本で偏差値80の大学は、東京大学の理科三類がそれに当たります。

つまり、逸材中の逸材が通う大学です。

廣津留すみれさんは、日本で例えると東大の理科三類に現役で合格できるほどの優秀な能力の持ち主なのですね。

 

ハーバード大学の設置学部は、理学、社会学、経済学です。

アメリカ最古の大学で、アメリカ大統領を8人、ノーベル賞受賞者を100人以上輩出しています。

すごすぎてすごいとしか言いようがない大学なのです!

 

また、廣津留すみれさんはハーバード大学卒業後に、ジュリアード音楽院大学院に入学されています。

音楽に詳しくない人にはあまり知られていない学校ですが、どのような学校なのでしょうか?

 

ジュリアード音楽院とは、ニューヨークに本部を置く、世界で最も優秀な音楽大学の1つとされています。

言わば、一流音楽家の卵を育てる学校です!

 

舞踊、演劇、音楽の三部門から成り立っており、いずれも世界最高峰の授業が受けられます。

日本で一番優秀とされる音楽大学は東京藝術大学ですが、ジュリアード音楽院はそれよりもレベルが高い位置づけです。

 

世界各地から優秀な生徒が揃うのですから、レベルの高い学びが得られるのは間違いなさそうですね。

 

実は、廣津留すみれさんは高校まで海外へ行ったことがなかったとか…。

そんな彼女が海外の学校で学び、現在も海外で活躍されるようになるなんて、本当に凄いと思います。

 

廣津留すみれの母親・廣津留真理もすごい人!

さて、廣津留すみれさんのお母様がメディアでも活躍している廣津留真理さんであることは先程ご紹介させていただきましたね!

廣津留真理さんとは、どのような方なのでしょうか?

 

下の写真の向かって右側の女性が、廣津留すみれの母親である廣津留真理さんです!

 

廣津留真理さんは、大分市内で株式会社Dirigoと、一般社団法人Summer in JAPANを起業する実業家です!

また、執筆活動も行なっており、著書には『成功する家庭教育 最強の教科書 世界基準の子どもを育てる』などがあります。

廣津留真理さんは、早稲田大学を卒業され、高校教諭(英語)の免許を持っています。

廣津留すみれさん同様、お母様の真理さんも大変優秀な経歴を持っているのですね。

 

真理さんが英語と馴染み深い存在だったので、すみれさんが海外を目指す存在になったのも必然的だと思います。

廣津留真理さんは、「塾なしで子どもをハーバード大学に合格させたお母さん」という肩書きで、テレビにも出演されています。

 

ひろつるメソッド」という独自の英語教育方法が秘密のようです。

私は英語が苦手なので、「ひろつるメソッド」に出会っていたら、英語が得意になっていたのかな?と思います。

 

最後に廣津留すみれさんのヴァイオリン動画をご覧ください。

今やベテランの域に達したバンド・ポルノグラフィティの名曲「アゲハ蝶」のカバーです。


いやー、いいですね!

「アゲハ蝶」は個人的に好きだったので、ちょっと鳥肌モノでした。

外人の方々もノリノリで演奏しているのは、やっぱり曲の力が演奏する人にも影響しているのかなと思いました!

 

まとめ

廣津留すみれさんについてご紹介させていただきました。

地方公立校からハーバード大学に進学をし、ヴァイオリン奏者、社会起業家としても今後有望な方。

廣津留すみれさんは、今後日本のメディアにもたくさん取り上げられることが期待されるので、情報をぜひチェックしてみてくださいね!

 


スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。