たまきちひろ(ビットコイン女子)の年収や結婚!wikiや漫画家の経歴は?

この記事は4分で読めます

たまきちひろさんは、漫画家でもあり、

最近では『ビットコイン女子』として

仮想通貨投資を前面に出した活動もして

話題となっています。

 

今回はビットコイン女子である

たまきちひろさんの年収や結婚、

wikiや漫画家の経歴について

調べてみたいと思います!

 


スポンサーリンク


たまきちひろさんwikiプロフィール

たまきちひろさんのwikiプロフィールです。

ペンネーム:たまきちひろ(旧名:環ちひろ)

出身:秋田県

在住:東京都

漫画家デビュー:2001年頃

デビュー作品:ビックコミックスピリッツ増刊『極楽ホテル』

引用:たまきちひろ.com

 

たまきちひろさんはいろいろと謎に

包まれているところが多く、

ミステリアスな感じです。

 

Twitterのプロフィールのところにも

 

就活に惨敗→アジアをふらふら→

漫画家→ロンドンへ逃…留学&西欧を

ふらふら→帰国→漫画家(イマココ)

 

という記載があります。

 

いろいろ紆余曲折のある人生だった

ようですね。

でも今のマルチな活躍ぶりを見ると

普通の会社とかより今の方が

合っているように見えますね。

 

 

年齢も不詳、本名も不明

 

生年月日は、一説によれば

1975年3月27日

とも言われていますが未確認です。

 

本当なら、現在43歳ですね。

 

遠からず、、、という感じはしますが

年齢不詳ということで!

 

たまきちひろさんの年収!

どうやらたまきちひろさんは、

ビットコインで資産1億円を超えた

億り人』のようなんですね!

 

ビットコインも早い時期に買っていないと

億のレベルになるのは難しいですが、

さすがに仮想通貨投資の本を出すだけの

ことはあるのですね!

 

でもビットコインも利益確定しないと

収入にはならないので、その辺は

どうなんでしょうか?

 

株などと違って『雑所得扱い』となり

税金は20%ではなく、最高45%の所得税が

取られる扱いです。

 

1億円儲けた!といっても住民税10%も

含めたら手元に残るのは半分以下の

4,500万円になってしまうという

落とし穴があります。

 

この辺りも『有吉ジャポン』の放送を

楽しみにしたいと思います!

 

たまきちりろさんのビットコイン投資の

体験談と分かりやすい解説が掲載された

本です↓↓↓

 

たまきちひろさんの漫画家の経歴!

たまきちひろさんは、ドラマ化された

マンガがあったり、アメリカやフランスで

評価される漫画があるなど実力のある方なんです。

 

一例をあげると。。。

 

ウォーキンバタフライ

・テレビ東京でドラマ化

テレビ東京で全12話が2008年7月11日から9月26日まで放送される

・アメリカ青少年図書協会のグレートグラフィックノベルにノミネートされる

 

フール・オン・ザ・ロック

・フランスで青年漫画ベストランキングに日本を代表する作品として選出される

 

海外で評価されるのは、世界に通じる本質を

表現できている漫画ということですから、

絵もストーリーもほんとに優れていることの

証だと思います!

 


スポンサーリンク


たまきちひろさんの婚活と結婚は?

たまきちひろさんは、漫画家以外にも

エッセイストとして、『婚活の達人』という

本も出版しています。

 

これは、たまきちひろさんの婚活の記録

であり、キャッチフレーズは

 

足かけ4年超! 出会った男の数500人超

 

最終的に、マッチョ、料理好き、イケメンの

旦那さんゲットに成功したようです。

 

と書いたのですが、先に掲載した

『ビットコイン投資やってみました!』の

商品説明には、

投資ビギナーで、おひとりさまの女性漫画家が、人生の一発大逆転を狙って始めたビットコイン取引。

ということで、『おひとりさま』と

記載されています。

 

離婚してしまったのでしょうか?

ちょっと気になりますので、引き続き

調べていきたいと思います。

 

まとめ

優れた漫画家、エッセイストだけでなく

投資家としての活動も始めたことで

一層注目度が増しているたまきちひろさん

ですが、仮想通貨の分かりやすい解説本の

続編を出してもらうとまた人気が出ると

思います。

 

やはり投資しようと思っても、なかなか

敷居が高いと重いっている人は多いよう

ですから、需要はあると思います。

 


スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

このサイトについて