バルベルデ(ウルグアイ)のプレースタイルや背番号!スアレス曰く化け物!

// PCで表⽰させたい内容

この記事は3分で読めます

フェデリコ・バルベルデ選手は、ウルグアイ代表の期待の若手選手です。

今回は、
「フェデリコ・バルベルデの背番号やプレースタイルは?」
「フェデリコ・バルベルデのプロフィールや経歴は?」
これらの紹介をしていきます。

フェデリコ・バルベルデ選手のロールモデルは、あの元スター選手!?


スポンサーリンク


フェデリコ・バルベルデの背番号やプレースタイルは?

それではまず、フェデリコ・バルベルデ選手の背番号やプレースタイルを紹介します。


背番号は、15番。ウルグアイ代表での背番号は、5番。

守備的MF(おもにボランチ)の選手です。

プレースタイルを表現するならば、「ハードワーカー」です。

ボールキープ力とタックルのスキルが優れているので、相手がボールを保持していても後ろのポジションからボールを奪い、パスを散らして攻撃へとつなげることができます。

元は攻撃的MFだったこともあり、ドリブルのスキルも優れているので、得点力もあります。

つまり、攻守にわたってチームのためにハードワークをいとわない選手なんですよ。

そんなバルベルデ選手のニックネームは、ちょこちょこ走り回るプレーから「パハリート(小鳥)」。

ウルグアイ代表のエースであるルイス・スアレス選手は、バルベルデ選手のことを

フェデリコは化け物

と言ったとか。

ちなみに、バルベルデ選手のロールモデルは、元イングランド代表のスティーブン・ジェラードさん(2016年引退)だそうです。
 

フェデリコ・バルベルデのプロフィールや経歴は?

それでは次に、フェデリコ・バルベルデ選手のプロフィールと経歴を紹介します。

⬛プロフィール
生年月日:1998年7月22日
出身地:モンテビデオ
国籍:ウルグアイ
身長:181cm
体重:73kg

⬛経歴
2008年 CAペニャロール(ウルグアイ) 
2016年 レアル・マドリードB(スペイン)
2017年 デポルティーボ (ローン移籍) (スペイン)
2018年 レアル・マドリード(スペイン)

バルベルデ選手のサッカーキャリアはCAペニャロールから始まります。

ウルグアイ代表のオスカル・タバレス監督はバルベルデ選手を幼いころから知っていて「華奢な体格だけど、技術はずば抜けていた」と当時を振り返っています。

バルベルデ選手は、幼いころからアーセナルなどヨーロッパのクラブから注目されるほどの選手でした。

16歳になった2014年にCAペニャロールでプロデビューを果たします。
 
ヨーロッパのクラブからの注目は続き、2015年にスペインの超名門レアル・マドリードへ移籍することが内定していました。

しかし、FIFAの規定上18歳にならないと移籍できないため、18歳になった2016年にレアル・マドリードへ5年契約で移籍が正式決定しました。

レアル・マドリードBでは1年目からチームの中心としてプレー。
2017 FIFA U-20ワールドカップではウルグアイ代表のベスト4入りに貢献するだけでなく、シルバーゴールも獲得。
 
2017年のワールドカップでの活躍を受けて、同年にデポルティーボへローン移籍します。
レアル・マドリードBでは中心選手でしたが、より多くの経験を積みたい、スペイン1部でプレーしたい、という理由からバルベルデ選手が志願して移籍したそうです。

デポルティーボではリーグ戦24試合に出場。
その活躍が認められ、2017年9月にA代表デビューを果たします。しかも、そのデビュー戦で1ゴール。

しかし、残念ながらロシアワールドカップのメンバーからは落選してしまいました。

ウルグアイ国内では、

なぜバルベルデを選ばないんだ?

と議論になったとか。

2018年からはレアル・マドリードのトップチームに在籍していますが、残念ながら今のところ、出場機会を得られていません。

プレシーズンでの出来を見て、今シーズンはレアル・マドリードでプレーすることになったのですから、良い選手であることは間違いないと言えるでしょう。
 

まとめ

フェデリコ・バルベルデ選手は、ウルグアイ代表および所属先のレアル・マドリードで期待の若手選手であることがわかりました。

しかし、レアル・マドリードでは出場機会に恵まれていません。やはりレアル・マドリードは、ポジション争いが激しいですね。

まだ若くて可能性に満ちた今バルベルデ選手に注目してみましょう!


スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

このサイトについて