米代恭のwikiプロフや作品まとめ!出身高校・大学や彼氏も調査!

この記事は4分で読めます

米代恭(よねしろきょう)さんは、

かわいくてきれいな絵なのに、

設定は斬新、人間の本質に鋭く

迫るマンガで人気が急上昇中。

 

『あげくの果てのカノン』は

最新作ですが、今相当きてます!

米代恭さん自身もとても注目

されていて、テレビ出演や

インタビューがどんどん

増えてきている状況です。

 

芥川賞作家村田沙耶香さん

とも親しい間柄になっている

ことからも、高い作家性、

ポテンシャルがうかがえると

と思います。

 

今回は米代恭さんのまだまだ

謎なプロフィールや

おもしろすぎる作品まとめ、

出身高校や大学、彼氏情報

などに迫ってみたいと

思います。

 

追記:出身高校が判明

しただけでなく、部活

アシスタントの正体

までわかりました!

ゆっくりご覧ください。


スポンサーリンク


米代恭さんのwikiプロフィール

名前:米代恭(よねしろきょう)

生年:1991年

性別:女性

出身:東京都

職業:漫画家

最終学歴:大学中退

漫画は小学生の頃に興味をもって

書き始め、高校では仲間内でも

評判になるくらいのレベルにまで

なっていたようです。

 

大学に進学後も漫画を続け、

講談社が主催していた漫画家

養成企画の

『西島大介のひらめき☆マンガ学校』に

第1期生として2009年に入り、

さらに実力をつけました。

 

新人賞の最終選考に進む

までになり、出版社の

担当もついたところで、

大学を中退。プロの漫画家の

世界にとびこんだ、

というのがデビューに

至るまでの流れです。

 

米代恭さんの出身高校と部活が判明!大学は?

今回調査したところ、

米代恭さんの出身高校は、

都立大泉桜高等学校と判明

しました。

米代恭さんは、その3期生だったん

ですね。

 

そして、部活は

現代視覚文化研究会

に所属していました。

何の研究会かというと、

アニメや漫画

です!

 

そして、今現在も研究会は

活動していて、

漫画甲子園

にも出場!

残念ながら予選落ち

だったそうですが。。。

 

ちなみに略称は、

現視研(げんしけん)

というそうです。

 

現在130名近くの部員

かかえる大所帯の研究会で、

男女比は約1:9

男子ガンバレ。。。

 

将来漫画家やアニメ業界で

有名になる人がまた出てくる

可能性ありますね!

 

米代恭さんのアシスタントの正体とは?

米代恭さんに何人アシスタントが

いるかは分かりませんが、

1名の方の正体が分かりました。

 

米代さんのクラスメイトの

和田朋子さん

でした。

 

気が付いた方もいるかも

しれませんが、和田朋子さんも

漫画家としてデビューして

いるのです。

 

2006年に第181回スピリッツ賞

を、『GOKIライダー』という

作品で受賞されてます。

 

同級生がアシスタントに

いたら気心もしれているし、

心強いでしょうね。

 

米代さんは大学を中退して

いますが、まだどこの

大学かは分かっていません。

 

米代恭さんの彼氏情報は?

彼氏情報はまだ出てきていませんが、

本人曰く恋愛はあまり得意でない

というような感じなんです。

 

恋愛に関する漫画ばかりなのに

意外ですが、恋愛が得意だったり

好きなのと、作品がすぐれている

のは別問題ですからね。

 


スポンサーリンク


米代恭さんの仕事

米代恭さんのお仕事はもちろん

マンガメインですが、イラストの

お仕事もやっています。

 

ざっと見ただけでも2件の

イラストのお仕事が。

ホントに画力高いっすね!

米代恭さんの作品まとめ

米代さんの作品まとめです。

 

・2012年アフタヌーン四季賞佳作
いつかのあの子』(デビュー作)

・『羽のとりは一緒に集まる

・『ふぞろいの空の下
2013年に『おとこのこおんなのこ』に

改題され、単行本化。

・『僕は犬』2014年

・『あげくの果てのカノン
2015年月刊!スピリッツで連載を開始。

現在コミックスは4巻まで。

『あげくの果てのカノン』の

コミックス公式PVです。

設定からして面白いのが

分かると思います。

 

 

 

 

 

まとめ

米代恭さんの魅力は、

かわいくてきれいな絵だけではない

独特の感性によるところが大きいな、

と感じました。

 

もしかすると、小説化されたり、

アニメ化、映画化、というのも

そう遠くない将来ありえるな!と

いう感触を個人的には持っています。

 

いろいろな展開を楽しみに

したいと思います。


スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。