姫野和樹とフィリピンの関係は?筋肉とベンチプレスがスゴイ!

この記事は3分で読めます

姫野和樹(ひめのかずき)さんは、新人ながら社会人ラグビーチーム・トヨタ自動車ヴェルブリッツの主将に抜擢された今大注目のアスリート。

詳しいプロフィールなどは別記事でご覧ください。

姫野和樹(トヨタ)はイケメン!結婚する彼女は?春日丘高校で大学はどこ?

「リポビタンDチャレンジカップ 2018」の日本代表メンバーにも選ばれ、ますます活躍が期待される若手選手ですので要チェックです。

 

今回は姫野和樹さんとフィリピンの関係やあのスゴイ筋肉ベンチプレストレーニング方法について調べてみました!

躍動する筋肉、ぶつかりあう筋肉を堪能できる動画もあるのでご覧ください!


スポンサーリンク


姫野和樹とフィリピンの関係は?

姫野和樹さんのことを調べていたら検索ワードに「フィリピン」とありました。

 

国籍が実はフィリピン?

とても気になったのでどういうことなのか調べてみました!

 

一体「フィリピン」とどんな関係なんだろうといろいろ調べてみましたが、姫野和樹さんとフィリピンの間に直接的な関係は無いようです。

上にも書いた通り姫野和樹さんが実はフィリピンの人とか、フィリピンと日本のハーフと予想していたのでちょっと拍子抜けです。

 

「フィリピン」が検索ワードに上がっていた理由は、ラグビーの2015年アジア5カ国対抗戦の初戦で試合をしたからのようです。

残念ながらこの試合には負けてしまいましたが、2015年に検索された「フィリピン」がいまだに検索され続けている、というわけです。

検索ワードに出てくるということは、注目度が高く、2015年当時もかなり検索されていたということですね。

 

姫野和樹の筋肉とベンチプレスがスゴイ!

姫野和樹さんのご存知の通り筋肉がとても凄いんです!

 

体重は112kgですが、そんなに重そうではなく割とスリムにも見えますよね。

身長が187㎝もありますし、ボディビルダーのような見栄えをより重視した筋肉の付け方をしていないからでしょうね。

 

Taka.Takeさん(@takegram83)がシェアした投稿

この筋肉のなかでも姫野和樹さんが自信のある筋肉は上腕三頭筋だそうです。

 

上腕三頭筋は二の腕を構成する筋肉で、この筋肉で持ち上げるベンチプレスは180kgを超えるそうです!

180kgというと大人2~3人が軽く持ち上がってしまいます。

成人男性のベンチプレス平均値が約40kgなので、普通の人の4倍以上のパワーがあるということですね!

 

ちなみにベンチプレスの世界記録は500kgですが、さすがに500kgは普通の筋トレでは超えられなそうです。

ラグビー選手としてはベンチプレス180kg、十分すごいのではないでしょうか。

 

ベンチプレス以外にもスクワットで190kgを持ち上げるそうです。

姫野和樹さんのすばらしい筋肉にぜひ触ってみたいです!!!

 


スポンサーリンク


姫野和樹のトレーニング方法は?

ベンチプレス180kgを持ち上げる姫野和樹さんが普段どんなトレーニングをしているのか気になりますよね?

 

姫野和樹さんは筋肉に負荷をかけ、筋肉を増量させることを目的としたウェイトトレーニング中心に日々トレーニングしています。

ウェイトトレーニングでは、バーベルやダンベル、マシンなどを使用します。

 

筋トレは昔から好きなのかと思ったらそうでもないみたいです。

元々、ウェイトトレーニングが嫌いだったという姫野和樹さんですが、高校1年生で参加した高校日本代表合宿でパワー不足を痛感し、ウェイトトレーニングに励むようになったそうです。

また、帝京大学時代に怪我で試合に出られない時期もウェイトトレーニングに励み、大学4年生の時には入学の時から10㎏以上体重が重くなるほど鍛えていたんです。

 

ラグビーのパワーの原点でもあるウェイトトレーニングが嫌いだったなんて意外ですね。

姫野和樹さんの筋肉を堪能できる動画をご覧ください!

白いユニホームの4番の選手が姫野和樹さんです。

 

 

あれだけの筋肉があるのに走り回れるだけでもすごいです。

タックルされたら一般人はただではすまなそうですね。当たり前ですが!

田中史朗の筋肉や妻(嫁)と子供を調査!出身中学・高校や年俸は?


 

まとめ

「くりーむしちゅーの掘れば掘るほどスゴイ人」に出演の姫野和樹さんのフィリピンとの関係、筋肉やベンチプレスについてまとめました。

姫野和樹さんの筋肉、やっぱり凄かったですね。

津久井萌(ラグビー)は可愛いが彼氏はいる?出身高校や進路先大学も調査!

試合だけでなく姫野和樹さんの筋肉にも引き続き注目していきたいと思います!


スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。