マツコが耳の病気で入院!原因と治療法は?退院と番組復帰はいつ?

この記事は3分で読めます

マツコ・デラックス

さんが、

耳の三半規管に菌が

入って緊急入院した

そうです。

立った時にめまいが

して病気が分かったとの

ことです。

 

病名や病気の原因と

治療法、退院と番組復帰

はいつかに

ついて書いています。

 

追記!

当ブログで予想した通り

11/20(月)の『5時に夢中!』で

無事復帰されましたね!

 


スポンサーリンク


耳の三半規管の病気の原因と治療法は?

まず、耳の三半規管がどういう

器官なのかというと、

円口類以外の脊椎動物の内耳にある

三つの半環状の管。

互いに直角に組み合わされており、

中がリンパ液で満たされ、

その動きによって回転の方向を

立体的に知ることができる。

平衡感覚をつかさどる。

引用:コトバンク

というもので、とても

重要な器官。

耳の病気というと内耳炎や中耳炎、

めまいというとメニエール病が

思い浮かびますが、今回は

ウイルスや菌が入って、

その影響による炎症で、

三半規管に異常をきたした

ということなのです。

 

メニエール病ももちろん

疑いはあるのですが、

今回気になった病気が

前庭神経炎(ぜんていしんけいえん)』

という病気です。

 

この前庭神経とは、

体のバランスや平衡感覚に

関する情報を脳に伝達する

重要な役割を持っていますが、

この器官に炎症が起こって

しまうと情報のやりとりが

うまくいかず、めまいという

症状になって現れます。

 

ただし、明確な原因は

分からないようで、

今回のマツコさんのように

風邪を引いた後に症状が

出ることからすると、

何らかのウイルスに感染

したり血行の問題で

なるのではないかと

いわれています。

 

マツコさんが病院で

受けている治療は、

1日1回の点滴と1日3食後の

投薬治療ということですが、

抗炎症薬の投与

が行われているのかも

しれませんね。

 

もしウイルスなら抗生物質は

効かないので、点滴は

ブドウ糖による栄養補給の

目的かもしれません。

(以上あくまで推測です)

 


スポンサーリンク


マツコ・デラックスさんの復帰は?

事務所関係者の話として、

以下のようなことが

言われています。

「食欲もあって本当に元気。

このところ寒暖の差が激しかった

ことも影響したよう。

いろいろと多忙で疲れも

たまっていたようなので

1週間は休ませたい」と

話している。

 

今回もし前庭神経炎という

ことであれば、安静ということも

重要な治療の一環となり、

病院の治療方針とも合致

してくると思われるので、

1週間内の復帰はやはりないと

思われます。

 

そうなると復帰の日にちと

しては、

11月20日

が収まりがいいのでは?

と勝手に思っています。

 

マツコ・デラックスさんのレギュラー番組一覧

マツコさんが現在抱えている

レギュラー番組8本は以下の

通りです。

・5時に夢中!(月曜~金曜・MXテレビ)

・月曜から夜ふかし(月曜・日テレ)

・マツコの知らない世界(火曜・TBS)

・ホンマでっか!?TV(水曜・フジテレビ)

・マツコ&有吉 かりそめ天国(水曜・テレビ朝日)

・アウト×デラックス(木曜・フジテレビ)

・夜の巷を徘徊する(木曜・テレビ朝日)

・マツコ会議(土曜・日テレ)

 

すでに発表されているところでは、

月曜コメンテーターを務める

TOKYO MX「5時に夢中!」

のあす13日の出演は取りやめた。

とあります。

 

この番組は生放送なので

出演取りやめもやむを

得ないでしょう。

 

その他の番組については、

出演というより、

収録が1週間ストップ

してしまう

ということになります。

 

あとは、番組ごとの収録

スケジュールや撮りためて

いるものがどれくらいあるか

によって左右されてくる

と思います。

 

スケジュールはタイトに

なってしまうと思いますが、

生放送でなければまだ

大丈夫なのかなと

素人考えをしていますが、

また予定がつまり過ぎたら

倒れたりしないかまた

心配ですね。

 

まとめ

レギュラー8本だけでなく、

その他の仕事も抱えながら

の多忙な日々で免疫力が

低下してしまったのも

今回の入院につながった

かもしれません。

 

この機に1週間しっかり

休んで、また元気に復帰して

いただきたいと思います。


スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。