大谷直子の今現在と若い頃を比較!病気死亡説や娘・夫について!

この記事は4分で読めます

大谷直子さんは、

テレビや映画で活躍されていた

女優さんですが、最近では

ある大病を患って、

死んでしまったのではないかと

噂されるくらいの病状でした。

 

今はすっかり回復されて

芸能活動に復帰していますが、

そのデビューのいきさつからして

なかなかドラマチック。

プライベートも波瀾万丈な

大谷直子さんを今回は

取り上げます。


スポンサーリンク


大谷直子さんプロフィール

まず、大谷直子さんのプロフィールです。

生年月日:1950年4月3日(67歳)

出身:東京都足立区

身長:154 cm

血液型:A型

活動期間 1968年 –

夫:松山省二(1971年 – 1974年)
清水綋治(1979年 – 1994年)

娘:華子

事務所:フロム・ファーストプロダクション

引用:Wikipedia

後で出てきますが、離婚を経験

されていたり、大病をしたり

なかなか波乱万丈な人生なんです。

 

大谷直子さんの今現在の状況は?

大谷直子さんは、57歳の時に

『悪性リンパ腫』

なってしまいました。

簡単にいうと血液のガン。

 

がん細胞は骨にも転移し、

その結果背骨を圧迫骨折。

それで、この病気が判明

したのです。

 

一時体重が33㎏

まで減り、もうこれまでか

という状況に陥り、ご家族は

余命3ヶ月

とお医者さんから

言われたたそうです。

 

それでも半年後には

がんの治療を終え、

4年ぶりの芸能界復帰に

こぎつけることが

できたのです!

 

大谷直子さんの最近の

写真は以下のリンクから

ご覧ください。

大谷さんの今現在

 

下の方に大谷直子さんの

若い頃の画像へのリンクが

あるので見て欲しいのですが、

変化はしてらっしゃいますが

往年の艶っぽさは

感じられますね。

 

大谷直子さんの若い頃は?

大谷直子さんは、高校1年生の時に

戦争映画『肉弾

(岡本喜八監督)の少女役に

300人の応募者の中から

選ばれて芸能界にデビュー。

 

なんでも知人の方が勝手に

応募をしてしまったらしく、

当初は、この映画だけのつもり

だったそうです。

 

しかし、映画がNHKのドラマ

担当者に注目され、1年間

放送されたNHK連読テレビ小説

信子とおばあちゃん

の主役にいきなりの大抜擢!

当時まだ高校3年生。

 

突然全国区の知名度に。

視聴率も最高で46.8%

平均で37.8%という

お化け番組でした。

 

大谷直子さんの若い頃は

以下のリンクからご覧

ください。

大谷さんの今現在


スポンサーリンク


その後の活躍は?

大谷直子さんは、その後も

映画やテレビドラマに

立て続けに出演。

 

代表的な作品を上げると…

■テレビドラマ
NHK大河ドラマ
・『勝海舟』1974年
・『草燃える』1979年
・『北条時宗』2001年
・『軍師官兵衛』2014年民放系ドラマ
・『黒川の手帖』1984年
・『積木くずし』1994年
・『TRICK』2003年
・『ドクターX』2014年
・『大使閣下の料理人』2015年

■映画
・『トラック野郎・一番星北へ帰る』1978年
・『哀しい気分でジョーク』1985年
・『橋のない川』1992年
・『サヨナラCOLOR』2005年
・『利休にたずねよ』2013年

■舞台
・『大菩薩峠』1985年
・『殺人者』2007年

 

正直書ききれません!

病気をする以前も、復帰後も

売れっ子なのは変わらないと

いうことですね。

 

大谷さんの病気死亡説って?

大谷直子さんが病気で亡くなったと

まことしやかにささやかれていた

ようですが、これは上に書いた

悪性リンパ腫にかかったこと、

そして4年間表舞台から姿をまったく

消していたことから出たことです。

 

まったく根拠がないわけでは

ないですが、テレビによく

出ていた人がちょっと出なく

なるとすぐ死んだことに

されるのはある意味

お決まりではあります。

 

ただ、大谷さんのように

本当に死ぬような目に

あっている場合も少なくは

ないので、すぐ死んだ死んだ

言わない方がいいですよね。

 

大谷さんの夫は?

実は大谷直子さんは、

バツ2です。

 

1回目の結婚は、1971年に

俳優の 松山省二さんと。

そして、1974年に離婚。

 

2回目の結婚は、これまた

俳優の清水紘治(こうじ)

さんと1979年に。

 

そして、清水さんとの間に、

娘の華子さんが生まれます。

 

大谷さんの娘は?

上に書いた通り、

大谷直子さんの娘さんは、

『華子』さんといいます。

プロフィールは、以下の通りですが、

芸名『華子』は、多岐川裕美さんの

娘さん、 多岐川華子も『華子』と

改名したことでもろかぶりに

なってしまいましたね。。。

別名義:清水 華子(旧芸名)

生年月日:1985年7月11日(32歳)

出身:東京都

身長:161 cm

血液型:O型

活動期間 2007年 –

母:大谷直子

父:清水綋治

事務所:クローバー

引用:Wikipedia

 

デビューのきっかけですが、

原宿で、大谷直子さんの娘と

知らないでスカウトされた

という逸話が残っています。

 

大谷さんは華子さんの芸能

活動に賛成ではなかったそうで、

そのため芸名も当初はお父様の

苗字、清水を使っています。

 

記念すべきテレビドラマへの

初めての出演は、テレビ朝日の

『法医学教室の事件ファイル34』。

その後は、映画や舞台にも

多数出演して活躍されてます。

華子さんは大谷直子さんの

娘であることを隠したまま

芸能活動をしていたのですが、

2013年6月15日の

日本映画プロフェッショナル

大賞の授賞式で、サプライズ

公表したのだとか。

なかなかドラマチックな

公表の仕方で芸能人と

してはいいですよね。

 

まとめ

悪性リンパ腫という大病を

克服して4年で芸能界に

復活を遂げた大谷直子さん。

上にも書いた通り、復帰後も

テレビドラマや映画で

大活躍中です。

健康に気を付けてさらに

活躍していただきたいなと

思います。


スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。