西郷隆子は西郷隆盛の子孫!結婚や子供は?ヘアサロンの店舗情報も!

この記事は4分で読めます

西郷隆子(さいごうたかこ)さんは、なんとあの「西郷どん」こと西郷隆盛の子孫

一体どんな人なのかとても気になります。

 

今回は西郷隆子さんのwikiプロフィール経歴結婚子供、経営しているヘアサロンについてまとめました!

 


スポンサーリンク


西郷隆子のプロフィールや経歴

まずは、西郷隆子(さいごうたかこ)さんのプロフィールを調べてみたいと思います。

・1969年生まれ(2018年現在48歳)
・出身地 東京都板橋区

西郷隆子さんは西郷隆盛と奄美での妻・愛加那の間に生まれたやしゃご、(玄孫)となり、西郷隆盛は「ひいひいおじいさん」となります。

西郷隆子さんのお父様は西郷隆治さんで、西郷どんの孫に当たります。

お父様は西郷どんの孫の中で一番似ているそうですが、美男子だったが写真嫌いのため証拠は無し!

残念ですね。

もし写真があれば、よく言われている「今残っている西郷隆盛の写真は別人!」という噂も検証できたのですが!

 

西郷隆子さんは、愛加那に顔も性格も相当よく似ていると言われているそうです。

やっぱり似てる感じありますね。

 

西郷隆子の結婚や子供は?

さて、西郷隆子さんのプライベートはどんな感じなんでしょうか?

 

西郷隆子さんは結婚されていて、結婚当時35歳。

 

小さい頃から美容師に憧れていた西郷隆子さんは、ヘアサロン経営を思い立ったのですが、ヘアサロンのお店の名前で悩んだそう。

その時に旦那さんから

『せっかくだから、君のひいひいおばあちゃんの名前・愛加那を使わせてもらえば?』

と言うアドバイスがあって、そこからお店の名前「Aikana」が付けられたというお話しがあります。

ナイスなアドバイスですね。

 

ご先祖様を大切に思っているからこその名前とも言えますね。

このお店の名前を使用するにあたってきちんとご先祖様にご報告に行かれたそうで、西郷隆子さんが初めて奄美大島へ降り立ったときに不思議な体験をされたそう。

 

それは、

「島に降り立ったとき、スーッと安らかな気持ちになったんです。その前から、なぜかハワイにハマって、フラダンスも習っていたのですが、私のルーツは、やっぱり島なんだと」

と話されているように、やはり先祖代々受け継がれてきている内面の血がかよっているんですね。

 

西郷隆子さんと旦那さんの間に子供はいない様子ですが、その代わりにとっても可愛らしいワンちゃん2匹が一緒にお店番をしているそうです。

 

西郷隆子のヘアサロンの店舗情報!

現在、西郷隆子さんは神奈川県平塚市でヘアサロンとハワイアン雑貨「Aikana」を経営されています。(小さな頃から美容師に憧れていたそうです)

夢が叶ってとても嬉しそうで、素敵なお店の雰囲気ですね。

 

場所は、神奈川県平塚市見附町6-1 クレスト湘南102

JR東海道線の平塚駅西口から徒歩7分だから、駅からは歩きやすいですね。

定休日は金曜日だそうです。

 

ここには2匹の店長さんがいます。遭遇できるとラッキーですね。

トイプードルのはなちゃんと、スタンダードプードルのあんずちゃんの2匹が西郷隆子さんと共に店番をしているんです!

猫カフェならぬ犬ヘアサロンというのもいいですね。それだけで癒されそうです。


スポンサーリンク


西郷隆盛の他の子孫は?

西郷隆子さん以外にはどんな子孫がいるのかを調べてみました。

西郷どんは3度結婚していたそうですが、一人目の妻である須賀とは子供を作らず、二人目の妻である愛加那との間には2人の子供をもうけました。

 

長男・菊次郎(宣蘭支庁長・京都市長)

長女・菊草(17歳で結婚、生涯苦労人として生き抜いていき母の愛加那とは奄美大島を離れてからは一度も会えていなかったとも書かれています)

 

三人目の妻である糸子との間に3人の子供をもうけたので、合計5人の子供がいることになります。

長男・寅太郎(生涯軍人)

次男・牛次郎(日本郵船秘書)

三男・酉三1903年結核により30歳という若さで亡くなった

 

5人それぞれの子孫を書いていくと膨大な量になることが分かり・・・かなり抜粋してのまとめとなります。

・西郷真悠子:西郷隆盛の弟である西郷従道の孫の孫
現在は日本大学芸術学部の演劇学科の女子大生で、「西郷どん」に出演し西郷従道の娘・桜子を演じるという大抜擢された女性です。

・女医、タレントである友利新の夫は西郷隆盛の弟の子孫

・西郷隆盛と糸子の長男である寅太郎が競馬騎手「武豊」の遠縁

・寅太郎の息子「西郷吉之助」は佐藤栄作内閣で法務大臣を務め、自民党議員(のちに離党)

・寅太郎の孫である西郷隆夫氏は現在カフェを経営。西郷隆盛に関する本も出しているんですね!

・長男菊次郎の孫は陶芸家「西郷隆文」は鹿児島県陶業協同組合初代理事長を務め、日置南洲窯の代表であり、2011年には「現代の名工」にも選ばれるほどの著名な陶芸家

みなさんそれぞれ、先祖代々から伝わっているであろう人を引き付ける才能があったからこそ、こういう活躍をしているのでしょうね。

 

まとめ

西郷隆子さんから始まり、その他の子孫についても調べてみましたが書ききれないほどの人数の多さと内容の濃さが特徴的な西郷一家です。

一番愛加那覇に似ていると言われている西郷隆子さんが「ご先祖に恥じないように自立した生活を送りたい」と話されていることから、皆様きっとご先祖を大切にされて血筋をしっ

かりと引き継いでいらっしゃるということが分かりました。

家系って奥が深く、調べると面白いですね。


スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。