吉田明世アナの12/3途中退席の理由(原因)は重い病気で入院の可能性も?

この記事は3分で読めます

TBSの吉田明世アナが今日12月3日(日)

サンデージャポンをまた途中退席して

しまいました。

 

前回10/29のサンジャポ途中退席の理由は

貧血ということでした。

 

TBS『ビビット』の出演も月~金の

5日間から、水木金の3日間に減らして

いたなかでの再度の途中退席ということで、

吉田明世アナは重病なのか?気になります。

途中退席の原因・理由、入院復帰予定

いつかもあわせて調査したいと思います。

 

吉田明世アナが12月3日のサンジャポをまた途中退出

吉田明世アナがレギュラーMCをしている

TBSの「サンデー・ジャポン」を12/3に

また途中退席しました。

 

『ビビット』の出演を減らしてことについて

吉田明世アナは、ラジオ『たまむすび』で

朝の連日勤務がなくなったことについて

以下のようにコメントして喜んでいました。

 

「これからちょっと人に優しく

なれそうです(笑)。

朝ゆっくりできるだけで、

こんなに心に余裕が生まれるんだな

ってことが分かって」

引用:Daily

 

そんな矢先また体調不良をサンジャポの

生放送中に訴えて退席したのですから、

単なる疲れによる貧血ではない?

いう恐れも出てきています。

 

吉田明世アナの貧血で疑われる理由

前回10/29にサンジャポを途中退席した理由は、

体調不良(貧血)でした。

 

今日12/3のサンジャポ途中退席の理由は、

体調不良』で、『大事にはいたっていない』と

サンジャポの中では説明されました。

 

しかし、検査をしないことには本当に大事に

いたっていないかどうかは分かりません

詳細な検査が必要なら入院も考えられます。

 

今夏も貧血として、貧血の種類となる理由を

探ってみると、大きく分けて、2つあります。

 

頭を流れる血液が少なくなる脳性貧血

血液中の赤血球が少なるなる貧血

 

『貧血』についてはさらに、

  • ・鉄欠乏性貧血
  • ・腎性貧血
  • ・溶血性貧血
  • ・大球性貧血
  • ・悪性貧血

のように分かれますが、どの貧血に該当

するかは検査によって判明します。

 

妊娠初期による貧血や白血病も疑われます。

私のような素人は貧血というとこの2つを

つい思い浮かべてしまいます。

 

吉田明世アナの重病での入院は?

しかし、白血病の場合には本当に重い病気

ということになり、入院も必要となってくる

でしょう。

 

でも、誰しもなる可能性があるところですので

疑いがある場合には、しっかり病院での検査を

することが重要ですね。

さきほども書いた通り、詳しく調べるなら

検査入院も検討すべきところです。

 

あと、前回10/29のサンジャポ途中退席では

ろれつが回らない』ということも見られました。

この場合、脳梗塞という重い病気が原因

いうこともあり得ますので、これも

入院が必要な恐れがあります。

いずれにしても油断できません。

 


スポンサーリンク


吉田明世アナの復帰予定は?

吉田明世アナの復帰予定ですが、

本当に一時的な原因による体調不良なら、

12月4日(月)のTBSラジオ『たまむすび』

から復帰、ではないでしょうか。

早朝ではなく13:00からの放送開始も

体への負担も考えるといい感じです。

 

もしくは、大事をとって『たまむすび』を

月火と休み、12月6日(水)から、

『ビビット』『たまむすび』で復帰となる

でしょう。

 

ただ、あせらずにしっかり検査もして

万全の復帰をしてもらいたいところですね。

 

まとめ

10月、12月とごく短期間の間に生放送番組を

2回も体調不良で途中退席したことは、

TBSとしても考えなくてはいけないところ。

 

TBSとしても何もしていないわけではなく、

TBSは社として、一部のアナウンサーへの

勤務集中を防ぐ意向を示している。

11月29日の社長会見で武田信二社長が、

「一部のアナウンサーに仕事が集中する

傾向はあるわけですが、これを是正すべく、

吉田アナウンサーのああいうことをきっかけに、

ちょっと遅きに失した感じはありますけど、

現場にお願いして改善を要請している

ところです」と回答していた。

引用:Daily

 

場合によっては、吉田明世アナの長期離脱も

可能性としてあるだけに、慎重な対応が

望まれますね。

 


スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。