NARUTO歌舞伎の出演者や配役は?原作漫画との違いやあらすじも予想!

この記事は6分で読めます

週刊少年ジャンプで連載していた

『NARUTO-ナルト-』が

歌舞伎化され坂東巳之助と

中村隼人が出演する

とのビックリ情報が入ってきました!

 

2018年8月から、ワンピース歌舞伎を

上演している新橋演舞場で公演予定

とのこと。

 

ワンピースに続いて、

週刊少年ジャンプ連載の漫画から

来るとは思わなかったですね!

 

現段階では不確定な情報も多いですが

出演者や配役、原作漫画との違いや

あらすじ、登場人物などについて

書いてみたいと思います!

 


スポンサーリンク


原作漫画『NARUTO』概要

『NARUTO -ナルト-』の原作者は、

岸本斉史先生。

 

週刊少年ジャンプの連載は、

1999年43号から2014年50号までの

全700話!

 

単行本は全72巻と外伝1巻が発売され、

発行部数は

国内で1億4,000万部

海外でも8,000万部

を超えるオバケ漫画です。

当時の週刊少年ジャンプでは、

ワンピースとのツートップだったので、

今回の報道で思い出した方も多い

のではないでしょうか。

 

ナルトは海外人気も高いので、外国人に

歌舞伎をアピールする目的もある

のかもしれませんね。

 

関連記事坂東巳之助の家系図や出身校を調査!性格は父母や姉に似てる?

関連記事中村隼人の歌舞伎出演情報!父母や姉は誰?本名と学校も調査!

 

原作漫画『NARUTO-ナルト-』あらすじ

原作漫画『NARUTO-ナルト-』あらすじですが、

体内に九尾の妖狐を封印された

落ちこぼれ忍者のうずまきナルトが、

里一番の忍である火影を目指し、

仲間たちと共に数々の試練を

乗り越え成長していく物語

(引用:Wikipedia)

です。

 

ジャンプお得意のバトルアクション漫画では

ありますが、途中から「対話と許し」で平和を!

という要素が入ってきたりと、従来とは違う

路線も模索した点が面白かったですね。

 

ウルトラマンでいうと、怪獣をあまりやっつけ

なかった『ウルトラマンコスモス』みたいな

感じ?の要素が入ってくる漫画ということで

個人的にはいろいろ考えさせられた部分も

ありました。

 

そして、本編は大きく、

第一部の少年編と第二部の青年編

に分かれます。

 

コミックス1巻から27巻が第一部

コミックス28巻から72巻が第二部

なので、青年編が2.4倍ほど長いですね。

 

原作漫画『NARUTO-ナルト-』の主なキャラクター

原作漫画『NARUTO-ナルト-』の主な

キャラクターで、歌舞伎に出る(のが

間違いない)キャラを抜粋して掲載します。

 

うずまきナルト
-主人公。体に尾獣の一体・九尾の妖狐を宿している人柱力。「だってばよ」を語尾につけるのが口癖。

 

うちはサスケ
-ナルトの親友でありライバル。うちは一族の末裔。第二部からは抜け忍となりナルト達と一度は敵対するも、第四次忍界大戦にて復帰する。

 

春野サクラ
-ヒロイン。第七班の紅一点。

 

はたけカカシ
-第七班の教官。異名は「写輪眼のカカシ」「コピー忍者」。

 

自来也
-「伝説の三忍」の1人。ナルトに九尾のチャクラの使い方を教え、後に師となり本格的な修行をつける。

 

大蛇丸
-「伝説の三忍」の1人。禁術の開発が露見し里を追われ、抜け忍となる。サスケの力を求め、彼の師となる。

 

綱手
-「伝説の三忍」の1人。優れた医療忍術の使い手。後に五代目火影に就任し、サクラの医療忍術の師となる。

 

ヒロインである『春野サクラ』を誰が演じるか

は要注目ですね。

 

下に出演が注目される若手歌舞伎俳優を

書いてあるので予想しましょう!

 

NARUTO歌舞伎の出演者・配役予想!

現在分かっている出演者、配役は、

・坂東巳之助:うずまきナルト(主役!)

・中村隼人:うちはサスケ

の2人です。

 

ワンピース歌舞伎でも屈指の原作再現度を

誇った2人をメインに当ててきたのは

大正解ではないでしょうか?

 

ちなみにワンピース歌舞伎での配役は

・坂東巳之助:ゾロ、ボン・クレー、スクアード

・中村隼人:サンジ、イナズマ、マルコ

でしたね。

 

原作のワンピースのファンだった

坂東巳之助と中村隼人の2人は特に

ノリノリで役に臨んでいるのが分かって

好評でしたから、今回も大いに期待

できそうです。

 

2人からのコメントは以下の通りです。

巳之助

「来年8月、「NARUTO」の歌舞伎舞台化、

本当に楽しみです!

スーパー歌舞伎II「ワンピース」に続いて、

幼い頃からずっと憧れ、共に歩んできた

キャラクター達を演じる事が出来る

だなんて、本当に幸せです。

ジャンプやコミックスをワクワクしながら

買っていたあの頃の自分に教えてあげたい。

今も買っていますが(笑)。

歌舞伎でしか出来ない表現と、「NARUTO」

でしか出来ない表現がぶつかり合って

爆発する舞台を目標に、頑張って参ります!

ご期待ください!」

 

隼人

「僕の演じるサスケは、ナルトとは

正反対のキャラクターです。

ジャンプ漫画のファンとして、

イメージを大切にサスケという

ヒーローになりきり、『ワンピース』の

ように楽しんでいただきたい」

引用:日刊スポーツ、コミックナタリー

 

他の出演者や配役は現段階では未発表

ですが、おそらく若手を中心に据え、

ベテランが脇を固めるという構図は

ワンピース歌舞伎と変わらないと思います。

 

市川猿之助率いる澤瀉屋

が仕切る可能性が一番高いのかな

と思いますが、今回は猿之助さんは

まだ前面に出てきていません。

 

思えば、ワンピースの時は

猿之助さんが初期段から関わって

いたわけですが、今回は違うので

やり方も異なってきそうです。

 

若手歌舞伎俳優として候補に挙がって

来るのは、以下のような感じです。

 

・坂東新悟(ワンピース歌舞伎のナミ、サディちゃん、サンダーソニア)

・市川弘太郎(ワンピース歌舞伎のはっちゃん、戦桃丸)

・中村米吉(女形中心)

・中村歌昇

・中村種之助

・中村梅枝(女形中心)

・中村萬太郎

・中村橋之助

・中村福之助

・中村歌之助

・大谷廣太郎

・大谷廣松

・市村竹松

・尾上左近

・市川團子

・市川右近

 

現在ワンピース歌舞伎で主役ルフィと

ハンコックを演じて人気となっている

尾上右近は、そのイメージが

強くなりすぎている感じもしますが、

NARUTOだったら、どんな役が合うか

考えて楽しみたいと思います!

 


スポンサーリンク


NARUTO歌舞伎と原作漫画『NARUTO-ナルト-』の違いはどうなる?

ビジュアルに関しては、

ワンピース歌舞伎から予想すると

 

見た目はやっぱちょっと違う!と

最初は思えども、やっぱこれも

いいわ、と納得できちゃうレベルの

ビジュアルに仕上げてきそう。

 

ワンピース歌舞伎よりも、歌舞伎の

世界に違和感なく取り込めるので

逆に歌舞伎の制作サイドとしては

やりにくいような?

だってまんま和風ですからね、

ですし。

 

ひとまず、ワンピース歌舞伎のように

シンプルなように見えてしっかり

作りこまれた豪華な衣装や大道具

出来上がってくるのを楽しみに

したいと思います。

 

シナリオ・脚本の大枠のところは、

日刊スポーツさんによると、

歌舞伎らしい「NARUTO」に

するため、歌舞伎の登場人物をもとに

したキャラクター

「自来也・大蛇丸・綱手」による

蝦蟇(がま)、大蛇、蛞蝓(なめくじ)

の三すくみ場面、ナルトの体に

封じられた九尾封印のなぞ、

うちは一族にまつわる因縁の

エピソードを盛り込み、ナルトの

熱い「忍道」を描く。

とあります。

 

シナリオは、歌舞伎的には

泣ける部分も重要だと思うので、

戦いが盛り上がりつつも、重要な

仲間との別れ・死別がありうる

ところを含めて選んでくるのでは

ないかと予想します!

 

 

歌舞伎の上演時間としては、

実質3時間前後になるはずなので

脚本的にはNARUTOの世界観を

分かりやすく提示しつつも、

キャラクターの位置づけや感情を

メリハリをつけて表現しなくては

なりません。

 

原作とは流れや設定を大胆に変える

部分が出てくるのは仕方がないなと

思っていますが、逆にそれが

歌舞伎化にあたっての楽しみでも

ありますね。

原作の熱心なファンの方は納得

行かないかもしれませんが。。。

 

 

あとは、脚本担当のG2さん

どのように『NARUTO-ナルト-』の

世界を捉えているかですね。

 

G2さんは、中村橋之助さん、つまり

現在の中村芝翫さんとのタッグで

『魔界転生』、浅田次郎原作『憑神』を

歌舞伎化したり、市川猿之助さんの

『助太刀屋助六 外伝』(岡本喜八監督の

映画の舞台化)を制作したりと

歌舞伎のコラボ企画でお馴染みの方

なので期待できると思います!

 

G2さんのコメントはこちら。

かたや全72巻の力作、途方もない世界観。

それでいてピュアな登場人物。

世界的なヒットで海外にもファンの多い

「NARUTO」。

かたや数百年の歴史を誇る伝統芸能で

ありながら今なお大入り満員で今に

生き続ける歌舞伎。

中でもこれから期待がかかる若手たち

が暴れまくるであろう感動の舞台。

仕事を仰せつかり気分は百万光年ほど

彼方へぶっ飛びそうです。

かつて誰も見たことのない歌舞伎に!

 引用:コミックナタリー

 

 

まとめ

ワンピース歌舞伎の次は何だろう?と

予想はしていましたが、まさか同じ

週刊少年ジャンプから来るとは思い

ませんでした。

 

関連記事坂東巳之助の家系図や出身校を調査!性格は父母や姉に似てる?

関連記事中村隼人の歌舞伎出演情報!父母や姉は誰?本名と学校も調査!

 

ドラゴンボールかな?とは

少し思っていたのですが、後は

プリキュアかな?ガンダムかな?なんて

勝手な予想を繰り広げていたので。。。

 

いずれにしても楽しみです。

続報を待ちたいと思います。

 


スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。