柴田百恵(ボート)の出身高校や競艇の成績は?彼氏や年収も気になる!

この記事は4分で読めます

柴田百恵さんは、最年少のボートレーサー

として話題になっています。

 

今回は、柴田理恵さんの出身高校や

競艇の成績、気になる彼氏や競艇選手

としての年収を調べてみたいと

思います!

 

初々しい養成所入学式の動画もあります!

 


スポンサーリンク


柴田百恵Wikipedia風プロフィール

柴田百恵さんのWikiプロフィールです。

名前:柴田百恵(しばたももえ)

生年月日:1999年11月4日

星座:さそり座

出身地:静岡県浜松市北区三方町

身長:154㎝

体重:45㎏

 

2017年9月にボートレースの

プロテストに合格した時は

なんと17歳

 

全国にボートレーサーは

約1,600名いるそうですが、

断トツの若さですね。

 

ちなみに女性の比率は12%

くらいです。

 

競艇選手になるには、いろいろな

規定をクリアする必要がありますが、

年齢は15歳以上30歳未満という

規定があります。

また、中学校も卒業していること、

という条件もあります。

 

柴田百恵さんの記録が破られる

可能性はありますが、10代で

高校を中退してまで自分の道を

決断できるのはスゴイですね。

 

柴田百恵の出身高校は?

柴田百恵さんは、

静岡県立浜松商業高校を高校2年で

中退しています。

 

中学校でも吹奏楽部で、高校まで

特に運動の部活もやっていないのに

ボートレースの世界に飛び込んだんです。

すごい思い切りと根性ですね!

 

柴田百恵がボートレースに入るきっかけは?

それには小さい頃から実家近くの

ボートレース浜名湖に遊びに連れて

きてくれていたお父様が、

「小柄な体格が選手に向いているんじゃないか」

とススめてくれたことが大きな

きっかけとしてありました。

 

柴田百恵さん自身も、競艇場で

女性レーサーの活躍ぶりをみて

憧れたそうです。

 

家の近くにボートレース場があり、

親御さんからのススメもあり

ということで、運命的な職業

なのかもしれませんね。

 

ちなみに、競艇の選手になるには

相当倍率の高い試験を突破して

日本で一か所しかない、福岡の

ボートレーサー養成所に入る

必要があります。

 

試験は年2回ありますが、

柴田百恵さんは通算3回目の受験で、

受験者1220人、合格者数わずか34人

という狭き門を突破して養成所に

121期メンバーとして入ることが

できたのです。

倍率はなんと36倍です。。。

 

これでも、後に出てくる獲得賞金の

ことを考えれば決して高い倍率では

ないと思えます。

 


スポンサーリンク


柴田百恵の彼氏情報は?

Twitterを見ると、

ボートレーサー養成所の同期の人との

楽しそうな写真がありました。

この中にもしかすると

柴田百恵さんの彼氏が!?ということも

ありそうですが、現在のところ

柴田百恵さんの彼氏について

確定的な情報はありません

 

次に書きますが、競艇でプロデビューを

果たしたものの、いきなりよい成績を

納めることができていない状況では

彼氏のことは後回しじゃないかな、と

思います。

 

柴田百恵の競艇の成績は?

柴田百恵さんのこれまでの成績を

見てみたいと思います。

 

出走したレースは以下の通りです。

 

 
・2017/11/14~2017/11/19
 
鳥羽一郎杯』@ボートレース津 
 
・2017/11/30~2017/12/04

JESCO杯』@ボートレース浜名湖

 

『JESCO杯』2日目第1Rでは

6人出走中5位になりましたが、

それ以外のレースでは

残念ながら6位続きです。

 

今はクラスが低いので、

1ヶ月で10回くらいしかレースに

出場できないのが悲しいですが、

でもまだデビューしたばかり

なのでこれからです!

 

柴田百恵の年収は?

柴田百恵さんは、デビューしたばかりで

ボートレーサーのランクとしてはB2

というランクに位置しています。

 

このランクは成績により、上から

A1、A2、B1、B2の4クラス

分けられています。

 

クラスが上になればなるほど、

グレードの高い=賞金額の大きなレースに

出場することができ、レースへの出場回数も

増えるという仕組みになっています。

 

柴田百恵さんが該当しているB2クラスでは

平均年収は約500万円ですね。

 

上のクラスは、大体B1:年収1,000万円、

A2:年収2,000万円、A1:年収3,500万円

というくらいに思っておけばいいようです。

 

A1のトップどころは年収1億円を超えてくるので

そういう意味ではとても夢のある業界ですね。

競艇という世界は!

 

柴田百恵さんの動画!

柴田百恵さんのボートレース養成所の

入学式動画です。

女子は7名しかいないので分かると

思いますよ。

 

 

まとめ

最年少ボートレーサーの柴田百恵さんの

直近の目標は、30歳未満で勝率が高い選手が

出場できる『ヤングダービー』に出ること。

賞金は1,000万円!

 

将来は『男性選手をまくりで抜き去って

勝てるような選手になりたい』と言っています。

その負けん気の強さで、狙え賞金王!

賞金王決定戦の賞金は1億円!

 


スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。